サービス業・飲食業界の仕事体験談

カスタマーセンター 仕事体験談!仕事内容や給料について

カスタマーセンターでの仕事内容

24歳から32歳まで通信企業のカスタマーセンターで派遣の仕事をしていました。
一番長かった仕事ですので、一番居心地がよかったです。
入社して数年は総合インフォーメーションセンターで電話応対をする仕事です。
覚える量は今と比べると比較的シンプルなので、覚えは早かった方だと思います。
オペレーションミスをすると、取り返しのつかない事に発展するのでそこだけは注意していました。

 

カスタマーセンターでの職場の雰囲気

上司や先輩もいい人が多かったのですぐに職場の雰囲気に慣れ、1年後には業務依頼チェックというオペレーターと言われる人達がちゃんと顧客の要望通りのオペレーションが出来ているが最終チェックする業務を任されて、モチベーションが上がりました。

同期の人では出世が早い方だったので、ちょっと調子に乗っている部分はありました。
能力的には同期の中では真ん中くらいの位置でしたので、他の優秀な同期からはやっかみを受ける事もありましたが、1年も経ったらそれはあまり気にしていなかったです。
他にも新人指導も任されて充実した業務をこなしていました。

 

野菜の袋詰めバイトでの仕事体験談!1日の仕事の流れを解説!

カスタマーセンターでの給料は成果報酬制度

カスタマーセンターで働いていた時の給料は入社当初は時給制で、入社1年目の人は仕事出来るか否かに関わらず、一律で同じ単価でした。

入社2年目からは、元々の時給に加えて成果報酬制度が加えられて、電話応対の評価、オペレーションの正確性、勤怠、業務内容理解度チェックと総合的に判断して、その後の1年間の時給が決まるという制度がスタートしました。

勤怠に関しては欠勤と遅刻は一度もありませんでしたので、パーフェクトでした。
電話応対に関しては、2年目からあまり電話応対をしていない点から漠然とした不安はありましたが、難なくクリア出来ました。

オペレーションミスもなかったので、時給100円アップは目前まで来ていました。
業務理解度テストは業務マニュアルを見て答えてもOKなシステムでしたので、これもクリアできるかと思いきや、30点満点中、一問不正解で満点を取る事が出来ず、
判定Aで時給は50円アップという結果でした。

カスタマーセンターでの評価はSランクが100アップで、Aランクが50円アップで、Bランクが現状、Cランクがマイナス100円という制度でしたので、C判定は勤怠をクリアしている点から絶対ないと確信していましたが、理解度テストがあと1問の所で不正解という詰めの甘さを実感しました。

 

カスタマーセンターで働いて良かったところ

カスタマーセンターで働いて一番良かったところは、一緒に働いている人達の人柄ですね。
上司、先輩かたは本当に常に私に気を配っている方が多くて、飲み会は頻繁にありました。

入社2年目になると、同期が続々と仕事の価値を見出す事が出来ず、退職する人が多い中で、私は上司に恵まれていたので、何か行き詰った時も相談出来る上司が5人以上いたのは心強かったです。

そういうのが苦手な人とかプライドが高い人は相談等一切せず、不満を一人で抱えて、自滅している人を何人も見てきましたが、私は困った時は迷わず救いの手を差し伸べる人間でそれに応じてくれる人がたくさんいたのは心強かったです。
電話応対をしていると、クレームに発展する事もあり、その時は落ち込む事もありますが、上司が労いの言葉をかけてくれるので、入ってよかった会社だと認識しました。

 

カスタマーセンターでの人間関係

カスタマーセンターでの人間関係は良好でした。

自分でも人懐っこい性格だと自負しておりましたので、行き詰る事はほとんどなく、
頻繁に飲みに誘ってくれる上司がいたり、私の大好きなカラオケに一緒に誘ってくれたりしたのは嬉しかったです。

同期同士のつながりは私は少なかったと思いますが、当時は長いものに巻かれるたプの人間でしたので、上司の連絡先の番号はほとんど知っていました。
プライベートの恋愛相談に乗ってくれる同性の上司もいたので公私共にお世話になった人達ばかりで人生が一番楽しかった時期でした。

 

よく読まれている記事

東京ドーム 売り子アルバイト 仕事体験談!

コーヒーショップでの仕事体験談!

消費者金融での仕事体験談!仕事内容や給料について紹介

水族館のチケット売り場でのアルバイト体験談!




-サービス業・飲食業界の仕事体験談
-, ,