人気アイテム

介護老人保健施設での仕事体験談!

介護老人福祉施設の仕事

私は38歳の男性で、介護老人保健施設という高齢者施設に勤務する理学療法士という職業をしています。

この職業に就くまでは、他の仕事をしており、最初は大学を卒業後に一般企業に勤めていましたが、サービス残業が多く、わずか1年で退職。
その後、すぐに職に就く予定でしたが、「このままでは同じ事を繰り返してしまうかも知れない。ここはひとつ手に職を付けよう。」と考え、資格を取得してから働く事にしました。
簡単に取得出来る資格では意味がなく、時間やお金が掛かっても、将来性のある資格を中心に探していました。

 

理学療法士の資格取得を目指す

そんな時、リハビリ業務のスペシャリストである理学療法士という資格の存在を知りました。
専門学校に3年間通い、国家試験に合格する事が資格取得の条件。
しかも学校は忙しく他の仕事をしながらでは務まらないとの事。

学校に入学するまでの期間と通学期間を合わせて4年間正職員として働く事が出来ませんでしたが、長い目で見た時に絶対に損した分を取り戻せるはずだと考えました。

 

理学療法士の国家資格を取得し転職

専門学校に通い、3年後に国家資格を取得。
勤務先は病院や障害者施設、高齢者施設など様々でしたが、年齢の事を考え、出来るだけ給与面の高い所を中心に就職先を探しました。

 

介護老人保健施設へ正社員での就職

そんな中、介護老人保健施設が月給28万円と高給だったので応募する事に。
面接の結果、採用され、正職員として勤務する事になりました。
業務内容は高齢者に対するリハビリ業務を中心に介護職員への身体介護のアドバイスや体操の指導などを行なっています。

 

介護老人保健施設の勤務時間

介護老人保健施設の勤務時間は7時間30分で、多少は残業があるかなと思っていましたが、一切無し。
逆に残って仕事をしていると施設長から「極力定時に帰って下さい。明日に回せる仕事は明日にして下さい。」と指導が入るくらいでした。

 

介護老人保健施設の仕事内容

介護老人保健施設の業務はその週に決まった回数のリハビリをしたり、新しい方の受け入れをするなどが中心なので、極端に予定外の仕事が増えるという事はありません。

 

介護老人保健施設での休日

その為、休日はしっかりと取ることが出来、有給休暇も毎年全消化する事が出来ています。
高齢者相手なのでリハビリ自体はとても楽で、中には外を散歩するだけというプログラムメニューもあり、利用者さんをと散歩しながら自分自身もリフレッシュを図れる事もあります。
スタッフや高齢者の方から「先生」と崇められ、少し恥ずかしいながらも気分は良かったです。

 

介護老人保健施設での人間関係

介護老人保健施設で働く人は、高齢者に貢献したいという意気込みで来られている職員がほとんどなので、どの職員も優しく穏やかな方ばかりなので人間関係も良好。
高齢者に対してどのようにケアすれば良いのかをみんな真剣に考えており、働いていてとてもやりがいのある職場だなと感じています。

 

介護老人保健施設での年収

現在、介護老人保健施設で勤務して10年目になります。
福祉施設である為、売り上げに左右されないので大幅な昇給や臨時ボーナスなどはありませんが、元々の給与が高かったので、年収は軽く500万円を超えています。

 

介護老人保健施設良いところ

施設経営は、高齢者社会と言われる世の中なので申し込みが絶える事がなく、経営状態は常に安定しています。
その為倒産やリストラの心配をする事なく働ける部分も良い所です。

介護老人保健施設の仕事は楽で給料が高い、やりがいのある最高の職場環境で仕事をする事が出来ており、4年間働けなかった分も軽々と取り戻す事が出来ています。

 

仕事体験談の人気記事

バレンタインデー チョコレート試食販売のアルバイト!仕事体験談!

東京ドーム 売り子アルバイト 仕事体験談!

コーヒーショップでの仕事体験談!

カスタマーセンター 仕事体験談!仕事内容や給料について




-人気アイテム
-, ,