IT業界・事務職の仕事体験談

スマホアプリ制作会社でのアルバイト体験談!

スマホアプリを作るアルバイトで大変なのはテスト作業

チームで作るので意思疎通をすることが大事

私はフリーランスのプログラマで、いろいろな現場でアルバイトをしています。プログラミングという自分の持っているスキルを活かしたアルバイトをすることに充実感を感じています。

ネットにはいろいろなアルバイトの案件がありますが、条件のいいアルバイトをするためには何かスキルを持っておくことが大事だと思います。私はいろいろな現場でプログラミングをするので複数のプログラミング言語を身につけています。

複数のプログラミング言語を使えれば、高い案件を見つけることが簡単に出来ます。私がバイト先で作ることになったのはJAVAを使ったスマホアプリです。スマホアプリを作るアルバイトをしたのは初めてだったので新鮮でした。

スマホアプリを作るアルバイトをする前に本やネットの専門のサイトでスマホアプリを作るスキルを磨いておきました。私が作ったスマホアプリはネットショップに出品をするアプリでした。私は普段自分でせどりに使うためのアプリを作っていたので、スムーズにアプリを作れました。人気になるかもしれないスマホアプリを作れば多くの人に使ってもらえるところがスマホアプリを作るアルバイトのやりがいです。やはり人の役に立つようなアルバイトの方がやる気が出ます。

スマホアプリを作るアルバイトで大変だった作業は作ったスマホアプリが本当に実機で動くかテストをすることです。アプリを作ってもきちんと実機で動かなければまた作り直さないといけなくなります。私が作ったスマホアプリはアンドロイド製のものでした。

アンドロイドには複数のバージョンがあるので複数の実機でテストをしなくてはなりませんでした。まったく問題のないスマホもあったのですが、デザインが崩れるスマホがあったのでスマホアプリを修正しないといけなくなりました。みんなで分担して作業をしたのでテストをする作業に多くの時間はかかりませんでした。どこに問題があるかチェックをしたのですが、すぐに問題を見つけることができてよかったです。

やはりクライアントに渡すスマホと作るのは大変だと思いました。今回は不具合がどこかあるかすぐに分かったのですが、もしわからないと納期に間に合わなかった可能性がありました。今回スマホアプリを作るアルバイトをしてみてわかったのは、確認作業をすることの大変さです。まったく問題のないスマホアプリをすぐに作ることは難しいので頻繁にチェックをしなくてはならないです。また、チームで作るので意思疎通をすることも大事です。

私がアルバイトでスマホアプリを作るときに意識したのが他のアルバイトの人にとって分かりやすいコードを書くことです。きれいなコードを書けば、他のアルバイトの人が見てもすぐにどこがおかしいか分かることができます。

趣味でスマホアプリを作るのならば自分だけに分かるコードを書けばいいのですが、アルバイトでスマホアプリを作るならば汚いコードを書かないようにするべきです。

スマホアプリを作るアルバイトをしたことで、ビジネスで使えるスマホを作るためのノウハウを知ることができたのが収穫でした。今回のアルバイトの経験を生かして次もスマホアプリを作るアルバイトをしたいと思いました。




-IT業界・事務職の仕事体験談
-,