IT業界・事務職の仕事体験談

WEBデザイナーとしてのアルバイト体験談!

サイト制作会社で働くとスキルが身に付く

達成感とやりがいを感じられるアルバイト

私がアルバイトで働いている職種はサイトのデザイナーです。世の中にはネットビジネスをしている企業が多いので魅力的なサイトを制作する仕事の需要は多いです。私は普段から趣味でサイトを作るのが好きだったのでサイト制作のアルバイトを選びました。

サイト制作のアルバイトを初めたばかりのときは初めて会う人といっしょに協力してサイト制作をすることが難しいと感じてしまいました。私が個人で作っていたサイトは自分のために作っていたので好きなデザインができました。

しかし、仕事のために作るサイトは決められたカラーやレイアウトにしないといけないので神経を非常に使いました。私は主に静的なサイトを作る仕事をしていたのですが、動的なサイトを作る仕事の方が報酬が多いと分かったので動的なサイトを作る仕事に移ることにしました。動的なサイト作りに必要になるのがphpというプログラミング言語でした。

私はphpについての知識がある程度あったのですぐに新しい仕事をすることができてよかったです。静的なサイトしか作れないと安い案件のアルバイトをしなくてはならないので動的なサイトを作れるスキルを持っていた方がいいです。

私は仕事で必要になる高いレベルのphpのスキルを身につけるためにネット上のサイトでスキルを磨きました。動的なコンテンツを作るために必要な言語はいくつかありますが、phpは比較的簡単なプログラミング言語なので、初心者でも短期間で身につけられます。

私がアルバイトで働いているサイト制作会社にはたくさんの高いスキルを持っているデザイナーがいたので非常によい刺激をもらうことができました。特に私がサイト制作会社でアルバイトをしていて大変だと思ったのはデータベースを扱うことです。

データベースを扱うためには専用の言語を覚える必要があるので簡単にデータベースを扱うことはできないです。私は趣味でデータベースを扱ったことがあったのですが、ビジネス用のサイトに必要な大量のデータを扱うことに難しさを感じてしまいました。

私が正社員でなくアルバイトを選んでいる理由は自由な時間をなるべく持ちたいからです。また、いろいろなアルバイト先でコンテンツを作る経験をすることでサイトを作るための高いスキルが身につくこともサイト制作会社でアルバイトをするメリットです。

個人でサイトを作るだけだとどんなコンテンツがユーザーにとって役立つものなのかを分かるのは難しいです。アルバイトでサイト作りをすることでどんなデザインのサイトに需要があるかが分かった気がします。phpでサイトを作るようになってからアルバイトで得る収入を増やすことができて満足しています。多くの人が利用してくれるようなサイトの制作に関われることにやりがいを感じているのでこれからもサイトの制作のアルバイトを続けるつもりです。

phpでサイト作りをするアルバイトは静的なサイトを作るアルバイトよりも手間がかかりますが、クオリティの高い動的なサイトを作ると非常に達成感を感じることができます。

アルバイトを長くすることでサイト作りのスピードを上げることができたので効率よく複数のサイトを作れるようになってよかったです。もっと別の現場でも仕事をしてみたくなったので、今度はphp以外のプログラミング言語も覚えてみたいです。




-IT業界・事務職の仕事体験談
-,