サービス業・飲食業界の仕事体験談

家庭教師のアルバイト体験談!家庭教師は大変な仕事

家庭教師で学んだことについて

コーチングの基本を学んだ経験

大学に入学してから体育会系の部活動に入っていたこともあり、夕方以降のアルバイトしかできませんでした。またとにかく時給のいい仕事となった場合には必然的に家庭教師という選択肢が出てくるのです。

実際に中学受験を目指す小学生や大学受験を目指す向光性は厳しいかなと思いましたが学生くらいなら楽勝だろうという思いで家庭教師派遣会社に登録して簡単に中学生2人を週2回ずつ教えることにしました。しかし、あまりにも軽い気持ちで受けてしまって後悔したのはすぐのことです。

まず、1人目ですが、中学生ながら分数や小数もわからない、言い方は悪いですが親からも勉強の意味やスタンスも全く教育されていないまさしく全く勉強ができない男子生徒でした。親からはとにかく平均点以上が取れるようにという希望でしたがまずもっ小学生の中学年程度から全く理解できていないのです。また、親もそのことをきちんと理解していない状態ですから困ったものです。もちろん、通知簿を見ればひどい成績です。それでも親はちょっと頑張ればなんとかなると思い込んでいるわけです。これにはさすがに辟易するともに自分に何ができるのか真剣に考えました。

もちろん、生徒は勉強など全く興味もなく、学校の教科書レベルも理解できません。それでも、わたしは一生懸命にわかりやすく伝えていたつもりだったのですが絵こそが独りよがりだったと本当に感じたのは数ヶ月が経ってからです。
彼の理解度を彼の目線で考えることなく、あくまでも自分の価値基準で判断しておしえていたからです。

わたしもお金をもらっている以上はなんらかの成果をあげたいということで、まずは彼の立場になって、勉強することの意味や楽しさを教えてあげるようにしようとしました。といっても、そう一朝一夕にはいきません。なんとなく興味がありそうなものはないいるとゲームで歴史にまつわるものに取り組んでいることを知りました。
そこで小学生向けですが、歴史の漫画をプレゼントしたのです。はっきりいって最初は無関心でしたが読み出すと非常に面白いらしく、頃合いを見計らって、なぜ歴史を勉強しているかわかるかなといったアプローチをかけたのです。

彼は最初は首をひねっていましたが、戦争を繰り返さないためと答えるではないですか。そう。過去の過ちを繰り返さないために勉強するんだよと改めて会話していくとかなり歴史には興味を持ってくれて、教科書を歴史漫画のように読み出したのです。ここまでくれば、こちらのもの。彼の社会科の成績は歴史分野だけではなく、他の地理や公民も上がり出したのです。定期テストも平均点近くまでクリアできるようになりました。ここまで半年間かかりました。

わたしが忙しくなり、ここまでしか関わることができなかったのですが、今考えても相手の目線や考え方でいかに興味を持たせるかという考え方は社会人になって部下を持つようになった時のーチングテクニックに通じるものがあると本当に感じる次第です。学生時代のアルバイトとはいえ、真摯な姿勢で頑張っていたことが今のわたしの社会人としての仕事にも間違いなく役立ていると思うと頑張ってよかったなと感じる次第です




-サービス業・飲食業界の仕事体験談
-,